2021年6月17日木曜日

ほとんどの人が見ていないここのブログではありますがごくたまに更新してます。

そしてほとんどの人が生で見たことのないもを見せていただいた

こんな仕事やってきて様々な信用を得るのは本当に大変だった訳だけど借金王にならないように気をつけて様々な信用を得て行けたらとこんなカードを見ていて思った。

ちなみにこれは写真だけ 笑

アメックスから電話がかかって来て案内状を送っていいか聞かれて届いた後にわざわざ営業が出向いてきて、サインして再度審査があり通過したら辿り着くという代物らしい。

今ではネットからでも会員になれると聞いたがそれはズル!
基本的にはインヴィテーション、つまりはアメックスからの招待状が来て初めて手に出来るというものだそうだ。

お付きの営業マンがいるプラチナ会員は全国でもかなり少数で埼玉県では片手いないとか!?

貴重なものを見せてもらった。


雲が降りる庭

2021年5月18日火曜日

 昨年の1月には高血圧になり不自由な月日が流れたかと思っていたら今度は新型コロナウィルスという未曾有のウィルス感染症が世界中を包み現在もなおその猛威は続いている。

楽龍時は昨年5月26日から店長としてコーヒーマイスターの石川さやかが入ってくれることになり喫茶店としての雰囲気が生まれたことで一つ夢が叶ったと思いました。嬉しかったですね!

その状況を踏まえて同年9月に2週間で改装をすると決めたところたくさんの友人が手伝ってくれて無事完成。みんなの知恵と努力の結晶の「楽龍時」の完成だ。

飲食店許可を取り飲食店として新たな一歩を踏み出した。彼女の手腕のお陰で楽龍時は大きく生まれ変わった。10〜11月には地元メディアがたくさん取り上げて下さり上内川とは思えない程の新たなスタートを切りなんと市長まで来て下さり一気に盛り上がって行った。

しかし、ことはそんなに簡単ではなくお客様は少なくこのままでは以前と変わらない道を歩くことになってしまう恐怖が襲ってくる。そんな気持ちは払拭するように楽龍時でのさまざまなアーティストのライブを入れ、自分はコーヒー以外の看板メニューを作らねばと昨年11月から手打ちうどんを始める。全国のさまざまな食を食べて来た中でも蕎麦とうどんにはちょっと自信がある。しかし作る側となるとど初心者だ。それからずっとうどん打ちに励むこと半年くらい経ってやっと何かが見えて来た。自分が知っている全国のうどんの中でどのうどんを追い求めようかと思いながら試行錯誤を繰り返しているが未だそのうどんは見えて来ないんです。

出汁は大体決まりましたね。関東でも関西でもない中くらいの感じ。


音楽では特に変わったことというのは無いというかその気になかなかなれずにいる。腕だけは落とさないようにと練習しているが本当に無開けないですね。やっぱり音楽好きじゃ無いのかな 笑。フォデラの5弦を再び手に入れることに成功したのは大きな功績だがもっと弾きたいという思いがあるにも関わらずなかなかその気になれないのは本当に残念なやつだ。作曲も3曲以上依頼があるのになかなか向き合えない。。。コロナ疲れもあるとは思うけどね。

それでもやりますよ!ちゃんとね♪

2021年3月3日水曜日

 ほとんど見られていないからいいというのもあるこちらのブログ。

早いもので昨年で楽龍時は10年を迎えた。

吉川市長を始めたくさんの方々にお祝いをして頂き感無量でした。

この10年あまりに様々な事がありすぎて整理がつかない程ではあるが、ゆっくりと思い出していくことにしよう。

この場所で店をやることそのものが誰に聞いても無理だと言われそれでも他に行く当てもない。最初の3年くらいはKさんと何とかやっていたが次第にやる気が失せてしまいなかなかエンジンをかけるタイミングを失ってしまっていた。それでも細々とイベントをやりはするが全て失敗に終わりとてもじゃないが生活はどんどん困窮を極めて行ってしまった。自分としては最後の手段だと思い演奏旅行を企てピアニストのTちゃんとこれでもか!のハードスケジュール、そして年間8万キロを走るほどのツアーをやりまくった。しかしこれも思うような結果を出すことは出来なかった。いよいよ手段が無くなり働きに出ることにした。最初はデイサービスの送迎、少し慣れてきてからは飲食店でのバスの送迎の仕事を始めた。が、しかし翌年に新型コロナウィルスが蔓延し始め送迎の仕事が少しずつ減り始めた頃高血圧で倒れてしまい職を失ってしまった。完全にThe ENDだと思った。焦っても仕方がないことはわかっていても家賃光熱費など生活最低限の支払いは情け容赦なくやってくる。

高血圧で立つこともままならなくなり250近い数値が続き完全にStopしてしまった。

しかし、タイミングを同じくして新型コロナウィルスが猛威を振るいだし緊急事態宣言が発令され全ての店がストップするという異例の事態になってしまった。私にとってはナイスタイミングだった。それから楽龍時のリフォーム計画を企て料理場を作り直し飲食店営業許可を取得し、楽龍時は飲食店の出来る店に変わった。10周年記念には吉川市長が来てくださり昨年6月から入ってくれたコーヒーマイスターS氏、音響のKちゃん、イベント担当のAさん、常連のお客様の多大なる協力により勢いを増してきている。

再び今年2021年1月に新型コロナが再び猛威を奮い出し2月から現在3月3日に至るまで(まだ続きそうだ)緊急事態宣言が発令し飲食店は営業時間短縮を余儀なくされることになった。

これからどうなってしまうのかは誰にもわからないが、1日1日を丁寧にやって行くしかないだろうと思っている。