2022年10月5日水曜日

アコースティックベースこれまで

 長きにわたる体調不良にも慣れて来たかと思いきやちょっと忙しくなると途端に重度の疲労感でとても立ってはいられなくなる。困ったものだ。


今日はアコースティックベースについて書き留めておこうと思う。

初めて手にしたのは20年くらい前だっただろうか。athlete AX6。作りはとても良かったが音がどうしても馴染めず3年くらい前に手放したのだがアコースティックベースの手軽さが忘れられずにいた。2年程前、お客様が直して欲しいアコースティックベースがあると持ち込んできた。ネックが大いに暴れていてとても弾ける状況にはなかったのだが幸いそんなに難しい調整ではなく直りそうだったのでバッチリな感じに直しお客様に連絡したところもう弾かないので良かったらお店に置いて欲しいと言われそのまま預かることになった。

願ってもいないアコースティックベースの思わぬ入手に心が躍ったのも束の間、やはり6弦ベースのアコースティックがどうしても欲しくなってしまいネットで探すも基本、オーダーで作ってもらう他ないことがわかって来た。絶滅危惧種の少数派でしかないのだろう。

諦めかけてたころ、Warwick RockBass Alien6がなんと会津若松の質屋で売っていることを突き止めた。早速連絡し個体の状態を事細かく聞いたのだがやはり実物を見てみるまではやはり心配でしかたなかったのだがmade in Chinaとはいえ handmadeで新品でも10万円ちょっとという破格が中古なもんだから更に安い!YouTubeで音を聴きまくりなかぬかイケると踏んで購入を決めた。

その直後急遽盛岡にライブで行くことになり、ん?!こりゃ待てよ、ちょっと遠回りにはなるが会津若松で手に入れてから盛岡に行くことも出来るかも…とニンマリ。しかし既に病気が悪化し始めていたため自分で運転することは出来ず、仲間のコバちゃんに運転をお願いし会津若松に寄って欲しい旨を伝えたら快く受けてくれた。コバちゃんに感謝ですよ、ホント!

いよいよ盛岡へ向かう段になり念の為、ファデラも持ち、いざWarwick RockBass Alienの待つ会津若松へ向かった。ベースと対面し細部をチェックしその場で工具を借りメンテナンスをしてみたところ想像以上によく鳴り音も気に入ってしまった。

結局盛岡でのライブはRockBass Alienのみでやってしまった。こんなに鳴る6弦ベースがあるのか!と何度もその嬉しさに浸った。


アコースティックベースにはただならぬ憧れと嫉妬心があった。それは今まで弾いてきたベースはエレキベースで必ず電源、アンプが必要でありそのためのセッティングが必要なのでどうしても機材が増える。その点アコースティックベースはケースから出しさえすればもう演奏が可能だ。

Warwick RockBass Alien6を手に入れてからは一気に相棒になって行った。しかし、同じWarwickRockBass Alienを持つ仲間のベーシスト達からは音はそんなに良くは無い…と言われてしまった。自分ではかなり満足の行く音だったので早速レコーディングでも使用した。そうこうしているうちに気になる情報が飛び込んで来た。WarwickでRockBass Alienとは全く一線を画すWarwick Alienというのが存在するというのだ。またまた気になり、ネットで探して行くと、made in Germanyで使用する材や作りが全く違うWarwick Alienの存在がわかってきた。昔はKORGが輸入代理店だったのだが今は山野楽器が輸入代理店に変わっていたので早速連絡をしてみた。

結果、現在RockBass Alienも Alienもmade in Chinaしかないということがわかった。アコースティックベースをWarwickが作り始めたころには確かにmade in Germanyは存在していたそうだ。

それにしてもRockBass Alien6と比べて Alien6は全く別物であると海外の友人ベーシストからも多く聞かされていたのであらためてカタログの評価を見てみたが正直そこまでピンと来るような内容では無かった。しかし価格もRockBass Alienの4倍以上であることから何かが全く違う。わかっているのは材、形状が違うことくらいなのにこれだけの価格差は一体どこから…4弦、5弦を持っているミュージシャン達からは絶大なる音の良さと作りの違いを皆共通の意見として持っていた。

made in Chainaということで、一旦は躊躇してしまった。さらには日本では未だAlien6の取扱が無いため作ってもらえるのかどうか、また、本社に在庫があるのかどうかなど山野楽器も初めてのことで手を煩わせてしまうこととなった。数日後、プロの6弦ベース奏者ということで特別に時間はかかるが作ってもらえるとの連絡があった。これは願ってもいないチャンスだ。特別のハンドメイドラインで作るということで当初6月下旬には出来上がるという連絡がGermanyからあったのだがかなりガチで作るそうで10月頃になってしまうと再度連絡があった。

RockBass Alienとはアコースティックのラインナップの中では廉価版お手軽ベースだとわかった。

Alien6はいわばプロ仕様。

そんなドキドキワクワクするスペシャルオーダーカスタムベースが間も無くやってくる。

何よりもアコースティックベースの最高峰になるであろうWarwick Alienでライブをやることが今は楽しみであり目標でもある。

2022年5月21日土曜日

体調不良からの脱出

 2020年の春に高血圧で倒れてから2年。

周りの方々に助けてもらったおかげで少しずつ回復に向かっているように感じる。

ストレスに過敏になってしまっているようでちょっとしたことで一気に目眩が襲ってきて座っていることすら難しく静止していることが難儀だ。今までは大体の場合はしばらくすると落ち着いていたのだが最近ではなかなか復活しずらくなってきているので話を盛り上げたり、テンションが高くなることを避けるようにしているのだがこれがまた難しい。

なんでもやるぞ!という前傾姿勢でやるのが自分だったのがここに来てそれが出来なくなりどうしたらいいのかがわからなくなってしまったところもある。

そんなこんなで医者通いが続き一時は命に関わる話まで出ていろんなことを諦めていたが、今では一日が普通の人が24時間なのに対して8時間くらいということがわかり、1日で3日過ぎてしまう。

なので私の一日はおよそ8時間程度。その中で3時間程度の睡眠を摂るというサイクルだと分かりうまく付き合うことでだいぶ落ち着いてきた。

普通とまではいかないがかなり元気になってきているのが嬉しい。


嬉しかったこともたくさんある。

3.4年ぶりにシャンソン歌手 荒木陽一さんとのライブ

長きにわたって埼玉と福岡を行き来しながらやるライブは特別だったのだなと改めて思った。

中山英二師匠からの申し出という嬉しいお話をいただいてご一緒させて頂いたり

ベースとボーカルのデュオをやったり

沖縄から息子が来てくれて店を手伝ってくれたりとそれなりにゆっくりと楽しんでます。

エレクトリックのアップライトベースも手に入れて違った音楽性も表現できるものも楽しい。

フォデラも再び3本になり、Ibanez、新たにWarwick、Ns Designとベースも眺めていても楽しくなった。


今後は自分としては国内外で知り合った方々に会いたいし演奏をしたいが、楽龍時を基盤にしてやって行くしかないのかなと思うと寂しく思う。


気分屋(天邪鬼)で短気(不動明王)、人とお金が大好きな私に付き合ってくれてありがとう。

こんな私です。変わらないと思いますが今後とも宜しくお願いいたします。